<< 国際ジャーナルと取材 貧困層の救済について考える | main | 国際ジャーナルと取材 PC買い取り恐喝未遂の男「これぐらいで恐喝になるんですか」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
国際ジャーナルと取材 コンビニ戦争
国際ジャーナル2010年1月号で



「“個店力”がモノを言う

   コンビニ戦争は第二ピリオドへ」



昨年11月には、ファミリーマートがエーエム・ピーエムジャパンを回収し、

店舗名を「ファミリーマート」に一本化しましたね。



私の記憶では・・・



初めて目にしたコンビニはセブンイレブン。

朝7時から夜11時まで営業しているという事と、年中無休が大変ありがたいコンビ
ニでした。

昔は、商店街は遅くても8時には閉まるし、年始なんて7日にならないとお店が開か
ないのが普通でしたからね。



それから、私の住む街の商店街には至る所にコンビニがオープンし、そして24時間
営業に・・・



現在、コンビニでは最低限の品は何でも揃う。

そして365日24時間、いつでも営業。

生活は便利になりましたが、この不況なご時世にコンビニで

原価で買い物をする人は、少なくなってきているのではないでしょうか。



私もたまにコンビニを利用しますが、購入するのは弁当が中心。

しかし、取り立てて美味しいと感じる弁当はないと思います。



いくら、無添加をうたっていても、所詮工場のライン作業で作られる弁当に温かみは
なし。

ライン作業での弁当作りが、どのようなものか知ってますか?

指揮者が時間を気にしながら、大声を張り上げ、ラインについた人はひたすら任され
た料理を盛り付ける。

工場なんて、そんなもんだとは思いながらも派遣で行った時、かなりショックでし
た。



365に24時間営業でのコンビニが、今後生き残るために展開していく部分
は・・・



手作りにこだわる!



これしかないのではないでしょうか(笑)

私としては、コンビニと弁当屋さんが合体したら最高だな♪って思います!


現代画報 | 現代画報社 | 取材記者という職業
現代画報を再発見
opem-press | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
現代画報を見つけて
現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
ますだの現代画報
報道通信社|報道ニッポン
国際ジャーナルを手にして

発行部数が3万部以上です。評判の雑誌による取材?
タレントのインタビュアーって大阪にいますか?
振り込め詐欺など悪徳にお気をつけ下さい!
取材費 商法 民法 取材商法って? 掲載料 無料
カテゴリ:- | 09:53 | - | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:53 | - | - | -