<< 国際ジャーナルから | main | 国際ジャーナル|見切り販売 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
国際通信社|変革のチャンス
今日の日本経済新聞には、スーパーマーケットがグループ各社の食品仕入れを共通化するという記事がでていました。グループ企業にも関わらず、今までは別々に調達していたそうです。最近の不況によって、スーパーマーケットなど小売業も経済環境が厳しくなってきています。その様な状況では、仕入れ原価についても改めて見直しをしていく必要があると経営層が判断した結果の行動なのでしょう。調達の集約によって、取引先の数が集約されます。これによって管理面でのコストが削減できます。また、取引先にとっては販売量が拡大しますので、ボリュームディスカウントによる仕入れ原価の低減も期待できます。デメリットとしては、現場における混乱が考えられます。今まで別々に仕事をしていたのですから、グループ企業といっても、仕事の進め方についても詳細をすり合わせしていく必要が予想されます。しかし、そのようなデメリットを考えても、企業体質を強化していくという経営者の想いがあれば、混乱も乗り越えていけるはずです。100年に一度の不況とよく聞きますが、考え方によっては、100年に一度の変革のチャンスという捉え方もできるのではないでしょうか。そんな風に感じました。

国際ジャーナル
報道ニッポン
現代画報
国際通信社
報道通信社
現代画報社
カテゴリ:- | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 17:37 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kjpress.jugem.jp/trackback/2
トラックバック